ウェッジでボールをコントロールするなら

ロフト角もソール形状も豊富に揃ったプロが使っているモデルのウェッジを選ぶ。

ボールを操作しやすいグラインドの役割

プロが好んで使うウェッジは他面ソール

プロが好んで使うウェッジは他面ソール

プロの使用する多くのウェッジのソールは、多面的に削られたソールになっています。

なぜそのようなグラインドのソールを使っているかというと、ウェッジでアプローチやバンカーショットをする際、いろんな条件がありボールにスピンを効かせたり、ボールを高く打ち出したり、低く打ち出したりと多種多様な打ち方をします。

ウェッジのソールが多面的に削られたソールになっていると、フェースを開いたりしてコントロールをする際、フェースを開いても違和感なくソールの抜けをよくする役目を果たします。

1位 タイトリストのボーケイウェッジ

グラインドとバウンスの種類で選ぶならタイトリストのボーケイウェッジがおすすめ

タイトリスト ボーケイウェッジが、プロのみならず多くのゴルファーに人気の理由は、ロフト角やバウンス角の種類、ソール形状に至るまで豊富なバリエーションで品揃えされていること。

つまり、品揃えが豊富なので自分のアプローチスタイルに合った最適なウェッジを選ぶことができる。

タイトリスト ボーケイウェッジのバウンスの種類と役割

ボーケイウェッジのバウンス角の種類は、
8、10、12、14度の4種類から選べる。
但し、ロフトによって選べるバウンス角が決まっている。

ボーケイウェッジのバウンスの役割は、
バウンス角が大きくなるほど進入角度の許容範囲が大きくなる。
つまり、ざっくりしやすい人、バンカーが苦手な人におすすめのウェッジ。

タイトリスト ボーケイウェッジのグラインドの種類と役割

バウンスを効果的に活かす F、Sグラインド
バウンス部分を積極的に使えるようにグラインドが最も少ないモデルがFグラインドで、フェースを開けばさらにバウンス効果が得られる。
少しグラインドがあるモデルがSグラインドで、Fグラインドより少しバウンス効果が抑えられます。

バウンスを自然に活かせる Kグラインド
ボーケイウェッジの中で最もソール幅の広いモデル。大きめのバウンス角12度を採用することによりバウンス効果を高めている。フェースを開くことなくバンカーショットが打てる。

ボールを操るなら Mグラインド
ソールのトレーリングエッジ側のヒールからトゥにかけて大きくグラインドされている。フェースを開いてもバウンス効果が少ないため、ロフトや進入角をコントロールしてボールを操作したいゴルファーにおすすめのウェッジ。

ウェッジをコントロールしてボールを操りたいなら Mグラインドがおすすめ

2位 キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジ

3つのグラインドと3つの溝でどこからでも寄せられるMD3 MILLED ウェッジ

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジは、タイトリスト ボーケイウェッジよりはバリエーションは少ないが、絞られているので選びやすいかもしれない。

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジのバウンスの種類と役割

キャロウェイ MD3 ウェッジのバウンス角の種類は、
8、9、10、11、12度の5種類から選べる。
但し、ロフトによって選べるバウンス角が決まっている。

ウェッジのバウンスの役割は、
バウンス角が大きくなるほど進入角度の許容範囲が大きくなる。
つまり、ざっくりしやすい人、バンカーが苦手な人におすすめのウェッジ。

キャロウェイ MD3 ウェッジのグラインドの種類と役割

ワイドソール形状のWグラインド
やさしくアプローチする時の、ダフリのミスにも対応。
バンカーからも楽に脱出したいゴルファー向けのグラインド。

オーソドックスなソール形状のSグラインド
スクエアに構えて自然にバウンスを使ってアプローチしたいゴルファー向けグラインド。

トゥ・ヒールを削ったソール形状のCグラインド
状況に応じて、フェースを開いたり、スクエアにしてコントロールショットを駆使したいゴルファー向けのグラインド。

キャロウェイ MD3 ウェッジのロフト別に新設計された3種類の溝

ピッチングやアプローチウェッジ(46-52°)は、緩やかなエッジの溝。
フルショット時も距離を安定。

サンドウェッジ(54-56°)は、適度なエッジの溝
スピンの効いたショットを可能。

ロブウェッジ(58-60°)は、鋭角なエッジの溝
グリーン周りから最大限のスピン性能を発揮。

Top へ